« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月

2010年1月19日 (火)

Vine Server OSXvnc

Vine Server (OSXvnc)は
http://www.testplant.com/downloads からダウンロードできる。

http://sourceforge.net/projects/osxvnc/は古い。

20100119

リモートデスクトップ remote desktop 2/2

WindowsからMacへのリモートデスクトップ マルチセッション
WindowsからMacへのリモートデスクトップ 複数接続
WindowsからMacへのリモートデスクトップ 複数ログイン

UNIX系ならあまりにも当然の同時セッションによる計算機の利用。OSXではわざわざそれ(GUI)用に構築しないとできない。

WindowsからMacへのリモートデスクトップwは、Vine Server(OSXvnc)が安定している。
(MacからWindowsへのリモートデスクトップはRDPが1st choice。)

[Mac OS X v10.6 Snow Leopard、 Vista or win7]
1. クライアントPC(win)の画面設定を16ビットにする
2. クライアントソフト(Viewer)の設定値
a. カラーレベル フル
b. 入力 クリップボード変更をいずれもOFF
3. Vine ServerはデフォルトではMacOS標準の画面共有と使用port 5900が同じ。
なのでPreferencesからDisplay Numberを1以降に変更しておく。
Divice/Unicode~もしくはCurrent~ =キーも入力できる。
4. OSXのシステム環境/アカウント/ログインオプション/ファストユーザスイッチメニューを表示させておく。
5. 同時にログインしたいユーザー毎にVine Serverを起動させておく。
3のDisplay Numberをユーザー毎に変更しておく。

MacのコマンドキーはAltキー
Macのoptionはwinキー
Macのcontrolはcontrolキー

クリップボード情報は共有できないので、テキストファイルを両PCからShareさせている。
Synergyとか。

20100119

2010年1月18日 (月)

リモートデスクトップ remote desktop 1/2

なんでApple Remote Desktop (ARD) なんてネーミングしたんだろ?紛らわしくて困る。

(Microsoft) Remote Desktop [RDP; 3389]
Apple Remote Desktop (ARD)  [VNC; 5900]
 Virtual Network Computing
Screen Sharing 画面共有 (Mac OS X v10.5以降でインストールされている。)  [VNC; 5900]

Appleの所為で「リモートデスクトップ=VNC」の誤認が広まってしまっている気がする。
軽さとセキュリティー面からRDPのが使いやすい。

20090118

オーストラリアの状況

このまま日本でも収束してくれると良いのに。

URLはオーストラリアの情報。参考になります。
http://www.healthemergency.gov.au/internet/healthemergency/publishing.nsf/Content/home-1

2010年1月14日 (木)

Mac OS Xの大ネコ達

開発コード名を忘れてしまうので覚書。
PC資産継承が難しいOSになってしまったものだ......

Mac OS X v10.6 Snow Leopard
Mac OS X v10.5 Leopard (PowerPCで動作する最後のMac OS X、Classic廃止)
Mac OS X v10.4 Tiger
Mac OS X v10.3 Panther
Mac OS X v10.2 Jaguar
Mac OS X v10.1 Puma
Mac OS X v10.0 Cheetah

20100114

携帯メールSMTP遅延

携帯メールでSMTP delay がどこで発生しているのかを確認するのに使うURL。
iモード http://www.mailmonitor.nttdocomo.co.jp/sysmon
ぷらら http://web1.plala.or.jp/mail/monitor/index.html

Gmailとyahoo、Softbankの相性の悪さは有名w。
yahoo→Gmail ではdelayが多発。
Gmail→softbank でもdelayが多発。特に転送させている場合、SPFの設定でメールを消失するケースが有る。これはイタイ。

20100114

D225G

20100114現在、WHOではD225G変異についての進展は無い。汚職疑惑でそれどころじゃないか。

--------

ウクライナで騒がれている変異ウイルスについて検索すると、
http://www.recombinomics.com/
ここに行きつく。

D225G変異は確かな情報だけど、そこから発展する情報は、まだWHOからは何も得られない。

以上2009.12.1まで

D225G変異は225番目のアミノ酸がD(アスパラギン酸)からG(グリシン)に変異している。
HAの変異なのでワクチンや既に感染した人の免疫が作用しないのではないかという疑問が抱かれている。
WHO(http://www.who.int/)としては可能性は否定できないが、情報を収集中とのこと。
以上2009.12.14まで

付記
恐らくこの変異ウイルスは感染力が弱いので大丈夫という見解。どんなに免疫があっても、暴露される(体内に取り込まれる)ウイルス量が多ければ、発病してしまう訳で、これは新型インフルエンザに限った事ではない。

面白いのでsequenceを転記する。
http://www.flutrackers.com/forum/showthread.php?p=323599
******: ...IRPKVRDQEGRM...
seasonal: ...KRPKVRDQEGRI...

RPKVRDQEGRI,>A/Kansas/UR06-0068/2007(H1N1)
RPKVRGQAGRI,>A/Index/1977(H1N1)
RPKVRDQSGRM,>A/Denver/1957(H1N1)
RPKVRDQAGRM,>A/Index/early human
RPKVRDQAGRM,>A/Brevig Mission/1/1918(H1N1)
RPKVRGQAGRM,>A/Index/early swine
RPKVRGQAGRM,>A/swine/Jamesburg/1942(H1N1)
RPKVRGQAGRM,>A/New Jersey/1976(H1N1)
RPKVRDQEGRM,>A/******/index/2009/02/01
RPKVRGQEGRI,>A/Taiwan/01/1986///
RPKVRGQEGRI,>A/Beijing/262/1995///
RPKVRDQEGRI,>A/New Caledonia/20/1999///
RPKVRDQEGRI,>A/Solomon Islands/3/2006/08/21/
RPKVRDQEGRI,>A/Brisbane/59/2007/07/01/
RPKVREQAGRM,>A/swine/Germany/2/1981(H1N1)=1578
RPKVRDQAGR-,>A/******-match/1-2/07(H3N2)
RPKVRDQPGRM,>A/UK/1/1933(H1N1)
RPKVRDQAGRM,>A/Puerto Rico/8-1/1934(H1N1)
RPKVRGQEGRI,>A/Texas/36/1991(H1N1)
RPKVRNQEGRI,>A/Chile/1/1983(H1N1)

epitope at IEDB : RPKVRDQEGRIN

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »